こんなご指導をいたします。

メイン事業の「せたがや作文教室」のほか、

今後予定している各種事業をご紹介します。

料金、詳細については、「入会コースとスポット利用」

のページをごらんください。

小1~小6 小学生作文のご指導
お勧めです!
思春期前のご指導が、一生の作文力、文章力につながります。


  たとえば、

 「作文が書けない」「もっと書けるようになりたい」というお子さんもいらっしゃいますし、

 作文が好き、作文が得意だから、もっと伸ばしたい!と通ってくださっているお子さんもいらっしゃいます。

 

 すべてのお子さんに、

 何をどう書けばいいのか、という具体的な作文の書き方から、

 文章の構成力、書き出しの工夫、表現方法、発想力、論理的思考力などが身に付くように、ご指導しています。

 

 作文が得意なお子さん、苦手なお子さんも一緒に、

 

 「作文の力は競争じゃなくて、自分がどれだけ上手になれるか、なんだよ」

 

 という基本の思いを伝えながら、お子さん同士の意見の出しあい、それによる学び合いを目指しています。

 

 「オレが一番だ」

 「●●くんに勝った」

 

 ではなく、

 「自分をどれだけ高められるか」

 

 が、せたがや作文教室の考え方です。

 なぜかというと、すでに今、お子さんが社会に出た後は、

 日本全国、または様々な国の人々と、コミュニケーションをとり、仕事をする時代が到来しているからです。

 「いろんな意見があるね」

 「いろんな考え方があるね」

 「いろんな人がいるね」

 こうした客観的な視点、他者の立場に立つ視点なども、育てていきたいと考えています。 

 実際に、優秀な公立小・中学校の教師たちが行っている、

 「できる子もできない子も、どんなお子さんでも一緒に皆伸ばす」ことを目指し、

 塾とはまったく違う、独自の指導をいたします。

 月初に、月謝を前納していただきます。

小6対象 公立中高一貫校・適性検査対策・中学受験対策

​ 通学型作文教室。1コマ70分または90分。

 作文の基礎が身についたお子様対象。主に、都立中高一貫校の適性検査における作文指導、国公私立受験の 国語のご指導をいたします。

 

 適性検査の過去問などを活用して、課題となる文章の読解方法を具体的にご指導し、合格のための答案の書き方を教えます。また、中学受験対策では、塾の課題などを元にご指導します。

 

 月初に、月謝を前納していただきます。

中学生 作文指導&記述、試験対策(公立中・1・中2・中3向け)

​ ​

  

 

  「文章を書くのが苦手」「読解問題が苦手」「漢字、語彙が少ない」などなど、

 

  中学の国語の成績アップを視野に入れながら、

   発想力、表現力、書く力、記述力、論理的思考力を育てます。

  

  意見作文、小論文の書き方をはじめとして、

  定期テスト範囲の文章読解、都立高校の過去問の読解(物語文、説明文)や記述力、要約力のご指導、                 都立高校入試の200字問題対策も致します。

 

 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

 

 定期試験前には学校の試験範囲に合わせて、試験対策講座を開催します

   (試験範囲の課題文の読解指導、予想問題とその解答例のご指導)

  中学の定期試験では、テスト範囲が決まっている定期試験だからこそできる対策&得点アップで、内申点を  上げることができます。